外為のスワップポイント 外為初心者のためのFX投資ブログ

外為のスワップポイント

外為取引では保有ポジションに対してスワップポイントの支払い、もしくは受取りの義務が生じます。スワップポイントは保有した通貨間の金利差を表しますので、例えば米ドル/日本円(USD/JPY)の買いポジションを保有した場合では米国の金利を受取り、日本国の金利を支払います。

外為取引では高金利国の通貨を買い、低金利国の通貨を売りますとスワップポイントを毎日受取れますが、反対に低金利国の通貨を買い、高金利国の通貨を売りますとスワップポイントを毎日支払うことになります。
スワップポイントは為替業者毎に異なり、高いところもあれば、低いところもあります。
また、スワップポイントの提示が頻度に変わるところもあれば、一定期間変動しないところもあります。

外為取引では夏時間は朝6時、冬時間は朝7時にロールオーバーが行なわれますので、その時にスワップポイントの受取り、もしくは支払いが生じます。
為替差益を狙うデイトレードではほとんど関係ないスワップポイントですが、レバレッジ(てこの原理)を低くしたスワップポイントの受取りを運用目的とした投資法も確立しております。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。