外為のストップロス 外為初心者のためのFX投資ブログ

外為のストップロス

外為取引(FX)でストップロス注文とは設定レートに達したら売り、もしくは買い戻しを行なう注文のことです。
ストップロス注文を設定しておきますと為替変動リスクが限定され、損切りが出来ずに大きな含み損を抱える事がなくなります。

外為取引(FX)でストップロス注文には損失を限定させる事と最低限の利益を確定させる事の2つの意味がありますので、ポジションを保有した際は損切りラインも決めて、同時にストップロス注文を入れておくと良いでしょう。
損失を限定させるストップロス注文の場合は一度決めた設定レートを頻度に上げたり、下げたりしますとストップロス注文の意味が全くありませんので、設定レートの変更は行なわないようにしましょう。
反対に最低限の利益を確定させるストップロス注文の場合は設定レートを上げたり、下げたりする事で最低限の利益確定金額を伸ばす事が出来ます。

外為取引(FX)で含み損を抱えた際、為替レートが約定レートまで戻るのを待つといった選択肢もありますが、資金効率を考える上ではロスカットを行い、トレンドに合わせてポジションを持つ方が資金効率も良く、収益の機会も増えるといえるでしょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。